2011年02月05日

2月 皿倉観望会

 毎月1回土曜日に、皿倉観望会を実施しています。
今月は、2月5日でした!観望内容は、冬の星座。
天体望遠鏡を設置する場所が雪が積もったまま凍結していた為
朝から雪かき・・m(_ _)m
20110205kanboukai2.JPG
福岡教育大学名誉教授の平井先生から、楽しい冬の星座の話をしてもらった後は
月や木星を天体望遠鏡で見ることができ、皆さんとても満足されて帰ってくれました(^-^)/
毎月約40名の方が参加される大人気イベントです(^-^)v
来月は、平成23年3月19日(土)を予定しています。
参加希望の方は、3月10日までにお申込みください。
20110205kanboukai1.JPG

投稿者 haruka : 21:30

2008年03月15日

皿倉観望会

 平成20年3月15日(土)、皿倉山頂で「皿倉観望会」を実施しました。
観望内容:火星
080315kanboukai1.JPG

080315kanboukai2.JPG

投稿者 haruka : 21:00

2008年01月26日

皿倉観望会

 平成20年1月26日(土)、皿倉山頂で「皿倉観望会」を実施しました。
観望内容:火星
080126kanboukai1.JPG

080126kanboukai2.JPG

投稿者 haruka : 21:00

2007年11月17日

第16回皿倉観望会

 今回の観望会は、「上弦の月」でした。
朝から快晴だったのですが、夕方、山に登るとなぜか大きな雲が・・・。
幸い風が強く雲の流れが速かったので、月を観ることができました!
これが17日の月です。天体望遠鏡で観るので、反対になっています。
講師の梅林先生(北九州市立高等学校)の話が面白く、北九州でしか観れないという「水くみ北斗」やクリスマスに門司に現れる「北十字星」、ホームズ彗星のお話など、とても楽しい会になりました。
H191117kanbou1.JPG

H191117kanbou2.JPG

投稿者 haruka : 21:00

2007年08月28日

第13回皿倉観望会

1kanbou070828.jpg2kanbou070828.jpg3kanbou070828.JPG
平成19年8月28日(火)に「第13回皿倉観望会」を実施しました。 今回は、皆既月食でした。全国で見ることができるのは6年ぶりということで、話題になっていましたね。皆既月食とは、太陽から光によってできた地球の影の中を月が通過する時に見られる現象です。月は地球の影に入ってしまいますが、完全に暗くなるわけではなく、地球の大気層を通過した赤い光が月面をわずかに照らすので、赤味をおびて見えます。午前からの天候不良で、見えるかどうか不安でしたが、19時前頃に、雲の切れ間から登場!歓声も!こういう貴重な現象を見ることができて感動しました。
投稿者 haruka : 21:01

2007年05月19日

第10回皿倉観望会

070519kanbou1.JPG070519kanbou2.JPG070519kanbou3.JPG
平成19年5月19日(土)に「第10回皿倉観望会」を実施しました。 今回は、金星と土星の観望です。宵の明星?金星が肉眼できれいに観ることができました! 久しぶりに空を眺めることができ、すごく気持ちのいいイベントになったと思います。 平井先生に星の説明をしてもらった後、口径25センチの天体望遠鏡で観測するのですが、見た後「すごい!」「感動!」などの嬉しいコメントが^^来月は、水星・金星・木星を予定しておりますので、またの参加をお待ちしております。
投稿者 haruka : 16:10

2006年09月23日

第6回皿倉観望会

 第1回から天候不良の為、皿倉山での天体観望ができませんでしたが、第6回にて初めて実施できました。天体望遠鏡での観望は、みなさんとても楽しそうでした。
この観望会の前に、吉田二美さんの講演会も実施しました。
今、みなさんが興味あるであろう「太陽系惑星形成論と惑星の定義で冥王星が惑星から外れた理由の妥当性」です。たくさんの方達が聴きに来てくださり、ありがとうございました。
kanbou6.JPG

投稿者 haruka : 20:32

2006年08月19日

第5回皿倉観望会終わりました

 今回も天候不良の為、山頂での観望が中止になってしまいました。
しかし、児童文化科学館でのプラネタリウムと吉田二美先生のお話だけは実施できました。
90人近くの応募がありましたが、やはり山頂での観望を楽しみにしていた方が多かったようで、半分ぐらいキャンセルがありました。それでも夏休み中のせいか、50人の方が参加してくれました。
ありがとうございました。
 また、いのちのたび博物館での吉田二美さんの講演会も無事終わりました。
いのちのたび博物館に遊びに来ていた家族の方が、聴いてみたいと言ってくれたりと、星などに興味のある方って多いのですね。
 来月は、天気がよい事を祈っておきます。

投稿者 haruka : 19:15

2006年07月08日

第4回皿倉観望会終わりました

 7月8月(土)に、第4回皿倉観望会を実施しました。
天候不良の為、残念ながら皿倉山頂での観望はできませんでしたが、児童文化科学館でのプラネタリウムを楽しんでいただき、平井先生のお話を聞いていただきました。
第5回は8月19日(土)を予定しております。講師は吉田二美先生です。お時間のある方は、13:30からあります講演会も、お楽しみください。
※詳しくは、HPの8月のイベントお知らせにて

投稿者 haruka : 20:00

2006年05月14日

第3回皿倉観望会

平成18年6月24日(土)(雨天中止)に、北九州市立児童文化科学館と皿倉山頂にて、「観望会」を開催致します。
 皿倉山は日の出から日の入り、月、星座など180度以上の拡がりで天空を望むことができます。
 ケーブル・リフトで乗り継いで10分ほどで標高622辰泙嚢圓ことができ、下界のチリや光りにわずさられることなく月や星の観望がきます。
 児童文化科学館と連携して、今後各年齢層の市民の天文学に対する興味、関心に応えるべく観望会、講演会等を企画していきます。
 講師:平井先生の紹介
     福岡教育大学教授、理学博士(天文学)
     福岡青少年科学館プラネタリウム番組企画委員長

「天文学専門の理学博士の説明と400倍の天体望遠鏡で木星を見よう!」

↓ 観望コース ↓(上記コースは予定です)
(17:15)北九州市児童文化科学館集合
(17:30〜18:00)プラネタリウム
(18:40)帆柱ケーブルへ移動
(18:45)ケーブルカーで山上駅へ
(19:00)リフトで皿倉山頂へ
(19:00〜19:30)平井先生のお話
(19:30〜20:30)木星観望
(21:00)皿倉山頂からリフトで山上駅へ
(21:10)ケーブルカーで山麓駅へ 「解散」



●●集合場所●●
17:15北九州児童文化科学館集合
交通:西鉄バス「児童文化科学館」下車徒歩3分
    西鉄バス「桃園」下車徒歩5分
    黒崎バスセンター3番のりばから「40・42・98」番に乗車してください。
※自家用車でおいでの方は、児童文化科学館が21時で閉まりますので
必ず、帆柱ケーブルの駐車場に移動お願いします。
児童文化科学館から帆柱ケーブルまでは、帆柱ケーブルのバスも出ます。
※17時30分に間に合わない方は、直接帆柱ケーブル山麓駅窓口へ18時30分までに集合してください。(プラネタリウムは見ることができません)

●●募集人員●●
先着30名様

●●費用●●
お一人様大人500円小学生・中学生・高校生300円
(プラネタリウム・天体観望・お話・ケーブルカー往復料金含む)
 ※悪天候でツアー開催が不可能と運営側が判断した場合は中止となります。
※雨・曇天の場合は中止となりますが、当日12時に決定しますので、お手数ですがお問合せください。

●●申込方法●●
ハガキまたはFAXで住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号・FAX番号を記入のうえ
下記の宛先へお申し込みください。
(中止の場合のご連絡先も記入ください)
〒805−0057
北九州市八幡東区大字尾倉1481−1
帆柱ケーブル株式会社「第3回観望会」係
TEL093−671−4761
FAX093−681−0483
kanboukai20060624.jpg

投稿者 haruka : 12:59

2006年05月13日

第2回皿倉観望会は中止になりました

 平成18年5月13日(土)に、「第2回皿倉観望会」を予定しておりましたが、天候不良の為、中止とさせていただきます。
 お申込されていた皆様、本当に申し訳ございません。
次回は、平成18年6月24日(土)を予定しております。
内容は、木星観望です。
詳しい内容は、後日お知らせさせていただきます。
お申込お待ちしております。
 お問合せは、帆柱ケーブル株式会社 担当:西原・松尾まで
          TEL:093−671−4761

投稿者 haruka : 12:09

2006年05月07日

第2回皿倉観望会

平成18年5月13日(土)に、北九州市立児童文化科学館と皿倉山頂にて、「観望会」を開催致します。
 皿倉山は日の出から日の入り、月、星座など180度以上の拡がりで天空を望むことができます。
 ケーブル・リフトで乗り継いで10分ほどで標高622辰泙嚢圓ことができ、下界のチリや光りにわずさられることなく月や星の観望がきます。
 児童文化科学館と連携して、今後各年齢層の市民の天文学に対する興味、関心に応えるべく観望会、講演会等を企画していきます。
 講師:平井先生の紹介
     福岡教育大学教授、理学博士(天文学)
     福岡青少年科学館プラネタリウム番組企画委員長

「天文学専門の理学博士の説明と400倍の天体望遠鏡で木星と彗星を見よう!」

↓ 観望コース ↓
(17:15)北九州市児童文化科学館集合
(17:30〜18:00)プラネタリウム
(18:40)帆柱ケーブルへ移動
(18:45)ケーブルカーで山上駅へ
(19:00)リフトで皿倉山頂へ
(19:00〜19:30)平井先生のお話
(19:30〜20:30)彗星・木星観望
(21:00)皿倉山頂からリフトで山上駅へ
(21:10)ケーブルカーで山麓駅へ 「解散」

(上記コースは予定です)
●●日時●●
平成18年4月15日(土)
(雨天・曇天中止)
●●集合場所●●
17:15北九州児童文化科学館集合
交通:西鉄バス「児童文化科学館」下車徒歩3分
    西鉄バス「桃園」下車徒歩5分
    黒崎バスセンター3番のりばから「40・42・98」番に乗車してください。
※自家用車でおいでの方は、児童文化科学館が21時で閉まりますので 必ず、帆柱ケーブルの駐車場に移動お願いします。 児童文化科学館から帆柱ケーブルまでは、帆柱ケーブルのバスも出ます。 ※17時30分に間に合わない方は、直接帆柱ケーブル山麓駅窓口へ18時30分までに集合してください。(プラネタリウムは見ることができません)
●●募集人員●●
先着30名様
●●費用●●
お一人様大人500円小学生・中学生・高校生300円
(プラネタリウム・天体観望・お話・ケーブルカー往復料金含む)
 ※悪天候でツアー開催が不可能と運営側が判断した場合は中止となります。
当日12時に決定します。

●●申込方法●●
ハガキまたはFAXで住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号・FAX番号を記入のうえ
下記の宛先へお申し込みください。
(中止の場合のご連絡先も記入ください)
〒805−0057
北九州市八幡東区大字尾倉1481−1
帆柱ケーブル株式会社「第2回観望会」係
TEL093−671−4761
FAX093−681−0483
kanboukai20060513.jpg
投稿者 haruka : 21:32

2006年05月03日

彗星観望会をしました。

 平成18年5月3日(水)20時から21時に、皿倉山頂で彗星を見ようと、観望会を実施しました。
76年ぶりに最接近するという「シュワスマン・ワハマン第3彗星」を見ようと開催したのですが、残念ながら見ることができませんでした。ですが、用意した400倍の天体望遠鏡で土星を見せてもらいました。とてもよかったです。
 もし、興味をもたれた方がいましたら、5月13日(土)に、また第2回観望会を予定しておりますので、ご参加お待ちしております。(毎月一回実施予定です)
「第2回観望会ページへ」
suiseikannboukai20060504.jpg

投稿者 haruka : 21:33

2006年04月15日

第1回皿倉観望会は中止です

 平成18年4月15日(土)に、「第一回皿倉観望会」を予定しておりましたが、天候不良の為、中止とさせていただきます。
 お申込されていた皆様、本当に申し訳ございません。次回は、平成18年5月13日(土)を予定しております。内容は、木星・彗星観望です。
詳しい内容は、後日お知らせさせていただきます。
お申込お待ちしております。
 お問合せは、帆柱ケーブル株式会社 担当:西原・松尾まで
          TEL:093−671−4761

投稿者 haruka : 12:00

2006年04月01日

第1回 皿倉観望会

 平成18年4月15日(土)に、北九州市立児童文化科学館と皿倉山頂にて、「観望会」を開催致します。
 皿倉山は日の出から日の入り、月、星座など180度以上の拡がりで天空を望むことができます。
 ケーブル・リフトで乗り継いで10分ほどで標高622辰泙嚢圓ことができ、下界のチリや光りにわずさられることなく月や星の観望がきます。
 児童文化科学館と連携して、今後各年齢層の市民の天文学に対する興味、関心に応えるべく観望会、講演会等を企画していきます。
 今回の観望会は、その第一弾です!参加をお待ちしております。
講師:平井先生の紹介
     福岡教育大学教授、理学博士(天文学)
     福岡青少年科学館プラネタリウム番組企画委員長

「申込締切日」平成18年4月10日(月)必着

↓ 観望コース ↓
(17:15)北九州市児童文化科学館集合
(17:30〜18:00)プラネタリウム
(18:40)帆柱ケーブルへ移動
(18:45)ケーブルカーで山上駅へ
(19:00)リフトで皿倉山頂へ
(19:00〜19:30)平井先生のお話
(19:30〜20:30)土星観望
(21:00)皿倉山頂からリフトで山上駅へ
(21:10)ケーブルカーで山麓駅へ 「解散」

(上記コースは予定です)
●●日時●●
平成18年4月15日(土)
(雨天・曇天中止)
●●集合場所●●
17:15北九州児童文化科学館集合
交通:西鉄バス「児童文化科学館」下車徒歩3分
    西鉄バス「桃園」下車徒歩5分
    黒崎バスセンター3番のりばから「40・42・98」番に乗車してください。
●●募集人員●●
先着30名様
●●費用●●
お一人様大人500円小学生・中学生・高校生300円
(プラネタリウム・天体観望・お話・ケーブルカー往復料金含む)
 ※悪天候でツアー開催が不可能と運営側が判断した場合は中止となります。
当日12時に決定します。

●●申込方法●●
平成18年4月10日(月)までにお申込ください(必着)
ハガキまたはFAXで住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号・FAX番号を記入のうえ
下記の宛先へお申し込みください。
(中止の場合のご連絡先も記入ください)
〒805−0057
北九州市八幡東区大字尾倉1481−1
帆柱ケーブル株式会社「観望会」係
TEL093−671−4761
FAX093−681−0483
kanboukai20060415.jpg
投稿者 haruka : 17:00